コニシキソウ
Last Update
2019/10/19

葉の中心に紫色の模様があるのが特徴だが無模様のものもある。
北米原産で明治時代中期に渡来したと言われるが、今では舗道の割れ目や道端などに普通に見られ、名前の由来となったニキソウよりもはびこっている。
トウダイグサ科

撮影地:下関市 撮影地:下関市
撮影日:2016/07/30 撮影日:2016/07/30
撮影地:下関市  無模様 
撮影日:2016/07/30

撮影地:下関市 撮影地:下関市  無模様 
撮影日:2016/07/21 撮影日:2016/07/30
撮影地:下関市
撮影日:2016/08/18

撮影地:下関市 撮影地:下関市 撮影地:下関市  群生している
撮影日:2017/10/01
撮影日:2019/10/19
撮影日:2019/10/19