ハコベ(ミドリハコベ)
Last Update
2019/10/16

春の七草では「ハコベラ」と呼ばれておなじみで、花弁は一見10枚あるように見えるが先端が深く裂けているためで、実際は5枚である。
仲間に「コハコベ」と「ウシハコベ」があるが、コハコベの茎は暗紫色だがハコベは緑色で、ウシハコベの雌しべの先端が5つあるがハコベハ3つなのでそれぞれ区別できる。
ナデシコ科

撮影地:下関市 撮影地:下関市 撮影地:下関市
撮影日:2016/04/12 撮影日:2016/05/27 撮影日:2017/04/15
参考品種:ウシハコベ