Last Update
2010/05/14
013 厳島神社 旧郷社 2006.05.31 訪問
2007.11.19 再訪
750-0061 下関市上新地町1−1−11 JR下関駅よりサンデン交通バス高尾線唐戸行き乗車6分、「厳島神社前」下車すぐ前。
祭神:市岐島姫神、田心姫神、滾津姫神
創建:文治元(1185)年 例祭:10月第3土曜〜日曜日
伝えによると平氏が安芸の宮島厳島神社の分霊を祀っていたが、文治元(1185)年に社殿を創建したのが始まりという。
幕府軍と戦った小倉戦争の戦利品として小倉城から持ち帰った太鼓がある。
現在火災で焼失した拝殿(幣殿)を再建工事中。
宮司さんからは、御朱印については特に手数料はとっていないとの事でしたが、まだ再建途上でもあり、ステッカーを購入して+αを寄付しておきました。
一の鳥居の下から大鳥居を望む。 鳥井脇にある由緒由来書き。 小倉戦争の戦利品の大太鼓 参道の階段を上ったところから 再建された拝殿

鳥居をくぐって境内へ向かう石段 社報 交通安全ステッカー