Last Update
2010/05/04
089 岩屋山  地蔵院 高野山真言宗 2009.2.4 参詣
2009.11.23 再訪
754-0892 山口市名田島3483 新山口駅より「秋穂」行バス12分、「岩屋下」バス停下車徒歩7分。
向山の麓に巨岩が重なり合った所があり、その岩の間から清水がわき出て絶えることがないという。土地の人はこの地を岩家と言い、昔この岩家に毎夜不思議な光が現れたので、皆で相談の上長安寺という仏堂を建立したという。これが地蔵院の創建である。
長安寺と称していた頃は臨済宗であったが真言宗に改宗した時期は不明である。
明治初年三田尻(現防府市)の国分寺の中にあった一ヶ寺の地蔵院を移転建立した。
県道から分かれて南若川を渡る橋は普通自動車ぎりぎりの幅で大型車の通行は不可で、河岸から上る参道も細いが駐車場は数十台は停車できるスペースが確保されている。
御住職ご不在と言うことで御朱印は断念。


再訪時は紅葉の季節も終わり頃でしたが、結構紅葉が残っており堪能できました。
駐車場から見た全景 参道の石段 境内案内図 本堂 本堂に掛けられた山号額

本堂正面から 鐘楼 水子地蔵尊 人面岩 霊光院方向への参道

日切地蔵堂(手前)と霊光院(正面) 霊光院 院号額 五重塔模型
文政5年に防府天満宮に建立予定であった五重塔の模型
五重塔模型の解説


交通安全ステッカー
日切地蔵尊 パンフレット1 パンフレット2 パンフレット3


御朱印
日切地蔵堂内陣 さすり地蔵 紅葉も終わりかけか? ここの飼い猫
なかなか正面を向いてくれなかった