Last Update
2010/05/21
021 北方八幡宮 旧郷社 2008.3.28 訪問
2010.1.4 再訪
754-1277 山口市阿知須河内区1495
祭神:応神天皇、仲哀天皇、神功皇后
創建:天平勝宝3年(751)宇佐八幡宮より勧請 例祭:9月15日
もとは東岐波に宇佐八幡宮の祭神を勧請したことにはじまり、1255年(鎌倉時代)これを南北に分神させた際に、北方を当地に神殿が移された。
左右に突き出た部分をもつ優美な屋根が特徴の楼門は、大内時代の建築様式を残す県内でも珍しいもの。
一の鳥居はすぐ前を横切るJR山陽本線を通り越してさらに県道を通り越したさらに東側にありますが、二の鳥居(大鳥居)は左右にも鳥居を連れた珍しい配置になっています。
線路をはさんだ参道正面から 二の鳥居(大鳥居)と社号標 大内時代の様式を残す楼門 拝殿 拝殿に飾られた絵馬

幣殿と本殿 末社赤崎神社 全景 楼門を見上げて 左右にも鳥居を従えた珍しい配置の大鳥居

拝殿側から見た楼門 参道
遥か先、県道を越えた向に一の鳥居がある