Last Update
2010/05/21
022 松江八幡宮 旧村社 2008.4.6 参拝
759-0206 宇部市東須恵1206
祭神:応神天皇、仲哀天皇、神功皇后、武内宿祢、住吉大神
創建:宝亀2年(771)宇佐八幡宮を勧請 例祭:10月第2日曜日
仲哀天皇が三韓出兵の折、穴門国(長門国厚狭郡)の材木で軍船を造られた。この時御神託により住吉大神を祀り海上の平安を祈って行かれた。当地の人々が此を敬い祠を建てて奉斎したのが当社の起こり。
厚東氏5代武仁公が祠を再建し宝亀2年(771)宇佐八幡宮を勧請。
寛正6年(1465)薬師山に遷座。万治2年(1659)東須恵8ヶ村の氏子が再建立。
参詣した時は地続きの公園では桜が満開で花見客が多く駐車に苦労しましたが、神社の方は桜は見当たらず静謐な雰囲気を漂わせていました。
拝殿正面から 拝殿内にかけられた社号額と絵馬 境内にある由緒書き 全景 末社稲荷社

末社権現社 交通安全ステッカー