Last Update
2010/05/21
028 八幡磨能峰宮 旧県社 2008.5.4 参詣
759-2212 美祢市大嶺町東分1744
祭神:天照大神、蛭子大神、応神天皇、神功皇后、田心姫命、湍津姫命、市杵嶋姫命
創建:孝霊天皇の御代(B.C.290?) 例祭:9月23日
通称下領八幡宮
社伝によると孝霊天皇の御代に創建、宇周宮とも磨能峰宮とも称したという。
鎌倉時代(年不明)に石清水八幡宮を勧請合祀。
「文徳実録」所載の社であることから、明治29年(1896)現在の社名に変更。
山口県神社誌発行以降の事と思われるが、最近、社務所、神殿(本殿)は改築されているためまだ白木の色が目立っている。
一の鳥居をくぐって左手に参道が延びている 二の鳥居正面から 拝殿正面 拝殿にかけられた宮号額 本殿

末社 逆方向から見た本殿 全景