Last Update
2010/05/22
031 恒石八幡宮 旧村社 2008.5.7 参詣
759-0121 宇部市厚東区棚井上146
祭神:応神天皇、仲哀天皇、神功皇后、姫大神
創建:天禄年間頃(970年頃) 例祭:10月最終日曜日
厚東氏の建立した神社では最古の社であり、以来厚東十四郷の宗廟(先社のみたまや)として、厚東氏・大内氏・毛利氏の三代を通じて、信奉のあつかった神社である。
厚東氏第2代武基が、都から海路帰国の際、備後国常石の浦(現在の広島県沼隈町)に停泊した時、霊夢にみちびかれて、海中より八幡宮の御神体を奉じ、帰国後棚井村の御形(現在の宇部市大字棚井字岡)の地に、仮殿を建てて御神体を移し、白石権守に預けた。
その後、厚東氏の居館、お東館の鬼門にあたる亀山の地(現在の場所)に、新たに神殿を建立して遷宮し、厚東十四郷の宗廟とした。
創建された年代については諸説があるが、厚東氏二代武基は、天禄年間頃(970年頃)の人物であることからすると、創建はこの時代であろうと、厚東郷土史研究会では思料している。
厚東氏の歴代は、崇敬の念があつく、代々この神社を手厚く保護した。特に長門国守護大名でもあった、14代武実は、宇佐八幡宮から三本の神幣を奉じ、宇佐神宮の大宮司を招き大祓をした。
厚東氏滅亡後、大内氏は厚東氏同様に、この八幡宮を信奉し、保護した。特に大内弘世は神殿その他末社に至るまで、残らず再建した。
ついで毛利氏の時代になって、毛利輝元は天正3年(1575)、「先例に任せて下知を加うべし」と裁許の文書を出している。この輝元が認可した文書の中に、「恒石八幡宮の祭りに店を出す商人は、かり屋銭(地代)を出せ」と書かれてある。このためか、昭和30年頃までは、地元の青年団が祭りのときには、各露店から、なにがしかのかり屋銭を集めていた。現在の社殿は明治15年再建されたもので、かつての神域は、近郷で最古の鎮守の森にふさわしく、昭和20年頃までは、老松や椎の大木が境内に覆い茂っていた。
県道からはっきり見える鳥居は北側の裏参道の大鳥居で、はじめはこちらから入ってしまった。
南側の鳥居は裏の鳥居よりも随分小振りで、参道も裏側の方が立派です!
山口県神社誌では宮司さんがいらっしゃることになっていますが、現在電話帳からは消えておりいつのまにか無人になったか?
北側の県道から見える大鳥居 裏参道 表参道の脇にある由緒書き 正面の鳥居と参道 拝殿正面

拝殿前にあった由緒書き 拝殿 摂社亀山神社 拝殿〜西間〜本殿 全景

本殿