Last Update
2010/05/23
053 花岡八幡宮 旧県社 2008.11.25 参詣
744-0024 下松市末武上400
祭神:誉田別命、息長足姫命、市杵島姫命、田心姫命、多岐都姫命
創建:和銅2年(709) 例祭:10月17日
和銅2年(709)に、豊前国(大分県)宇佐八幡宮の分霊を歓請して祀られたのを創建とする。
拝殿には、従一位近衛忠熈卿の筆による「永受嘉福」の扁額や、江戸時代の風俗がよくわかる御神幸絵図などが奉納されている。
16世紀末頃には136余石の社領を有し、社坊も9ヶ寺、社人10余人が奉仕する周防有数の大社であった。
なお、境内にある多宝塔は唯一残ったかつての社坊のひとつ閼伽井坊に所属する。
駐車場は多宝塔のすぐ裏に当たり15台程度駐車できる。
楼門も拝殿も大きな造りで、かつては有力な神社であったことがうかがえる。
参道正面から 大鳥居 多宝塔前から 拝殿 本殿

神馬 神門(楼門) パンフレット


御朱印