Last Update
2010/05/23
056 古熊神社 旧村社 2009.5.3 参詣
753-0031 山口市古熊1−10−3
祭神:菅原道真公、菅原福部童子
創建:応安6年(1373)京都北野天満宮より勧請 例祭:11月25日
応安6年(1373)10月大内弘世卿が平安京の神社を山口に移した時に当神社も北野天満宮より勧請、山口市北野小路に鎮座した。
その後社地転変して、長者山の麓・御石の森に鎮座。
元和4年(1618)毛利秀就公がこの地に社殿を移し 今天神と称した。
明治5年(1872)現社号に改称。

→古熊神社のホームページ
JR山口線の踏切近くの交差点に大きく案内が出ており迷うことはない。
踏切を越したら一直線の参道が延びており、鳥居の横を迂回して駐車場が作られている。
市街地に近い割には深閑としており、境内には桜の木が多いので春先には賑わうものと思われる。
;
鳥居 拝殿正面より 本殿 拝殿斜めより 神牛像

拝殿に掛かった社号額 神馬像 境内社大歳神社 旧神馬像 境内社藤森稲荷神社

横から見た全景 案内チラシ


御朱印