Last Update
2010/05/23
071 大田八幡宮 旧郷社 2009.6.21 参詣
754-0211 美祢市美東町大田5912
祭神:応神天皇、神功皇后
創建:元享4年(1324) 例祭:11月17日
元享4年(1324)藤井中務大輔守秀という者が当国大田村に下向した時に鎌倉の鶴岡八幡宮の分霊と薬師如来を保持して来住し、八幡宮を村の東方の森に鎮座させたのを創建とする。
応永27年(1420)平原へ新しい社殿を造営して遷座、大田村の総氏神とした。
明治44年(1911)桂坂の熊野神社、長登の山神社、水溜の三島神社、門前の熊野神社、新町の金麗神社を合祀。
明治45年(1912)現在地に移転。
大正8年(1919)金麗神社を分離独立させる。(山口県神社誌より抜粋)
大田の市街地の北にあり、分離した金麗神社と同じ敷地内に並んで鎮座している。
大鳥居 拝殿正面 本殿