Last Update
2010/10/11
079 住吉神社 旧県社 2010.10.11 参詣
758-0022 萩市大字浜崎町240
祭神:表筒男命,中筒男命,底筒男命,神功皇后
創建:明暦元年(1655)摂津国の住吉大社から勧請 例祭:7月30日〜8月3日
明暦元年(1655)3月、摂津国の住吉大社から勧請したと伝えるが、万治元年または承応元年ともいう。
実は承応元年に浜崎で船持の者が商売のため、大阪へ上った節、俄かに難風が起こり、一命危き体のときに住吉宮へ立願し、神力をもって御助けいただければ、長州萩浜崎の船持中、一心に勧請し奉ると祈ったところ心願相かない、萩船分のみ難風をしのぎ助ったので、翌日、堺の住吉社へ参社して御礼を申し上げ、藩の公許を得た上で勧請した。
当初は鶴江の恵比須の森に鎮座3カ年、ついで浜崎の只今の所へ万治元年(1658)に社殿を建立して移転した。
祭礼は万治2年(1659)に始まったが、寛文6年(1666)から地元浜崎を除く萩市中本町28町のうち数町が交代で祭事を担当し、そも引き請けの町(住吉町または通り町という)では踊車を出し、家ごとに店頭を作り物で飾った。高張提灯・鳥居・太鼓・幡・踊車聖(飾物)・引棒・御船・神輿の神幸があった。
(山口県神社誌より抜粋)
急に思い立って参詣した。ステッカーがあることを期待していたが残念ながら授与所は幕が掛かって閉まっていました。
社殿の右側の境内はやけに広いが、祭の時に使用するのか?
大鳥居 鳥井脇の県社社号標 鳥井脇の社号標 神門 拝殿正面

拝殿全景 幣殿 本殿 拝殿正面の社号額 拝殿奥の社号額

境内社の恵比寿、粟嶋、稲荷神社