Last Update
2008/10/15
082 春日神社 旧郷社 2015.10.13 参詣
747-0004 防府市牟礼坂本1354
祭神:武甕槌命、斎主命、天児屋根命、比賣命
創建:文治2年(1168) 例祭:10月上旬
周防国の国司として赴任した藤原氏が、文治2年(1186)に奈良の春日神社の分霊を祀ったといわれている。
俊乗房重源上人によって再建された。
1月に行われる大寒みそぎには、多くの人が冷水に漬かって心身を清め、無病息災を祈願する。
東大寺別院の阿弥陀寺に向かう緩やかな坂の途中にあり、テレビ等が林立する大平山の裾野にあたる。
訪問した日は今年の例祭が終わった直後の平日とあって参詣者の姿も神職の方もまったく見えず、静寂に包まれておりました。
社務所の窓から中を覗くとステッカーも授与品として置いてあるのが見えたのですが、何度か声をかけても誰も出てこられず、ステッカーも御朱印も断念!
参道口遠景 一の鳥居 鳥井脇にある社号標 参道と遠景にTV塔の見える大平山 二の鳥居

二の鳥居下から境内を望む 境内入口から 由緒書き 狛犬

眷属の鹿 拝殿正面 拝殿に掲げられている社号額 境内社

境内社 春日造りの本殿 太鼓楼 太鼓楼下から

パンフレット