Last Update
2011/05/26
z055 妙見山  東蓮寺 高野山真言宗 2011.5.26
参詣
822-0034 福岡県直方市山部631 九州八十八ヶ所百八霊場第十四番札所
創建は明らかではないが、中世には広大な境内に数多くの堂塔があったという。
戦国時代の戦禍で衰微してしまったが、小早川隆景が再建し、江戸時代には黒田隆政が福岡藩の支藩として東蓮寺藩を置いた。
雨の中の参拝でしたが、山の麓に寺号標が立っており、車で行っても比較的わかりやすい所でした。
御住職は留守でしたが、御住職の奥様から内陣の御本尊とや曼荼羅の説明をうかがい、さらに綺麗な声で御詠歌を聴かせて頂きました。
麓にある寺号石標 本堂正面 本堂右に掛かった寺号札 本堂左に掛かった霊場札 霊明殿(納骨堂)

御朱印