Last Update
2010/05/05
z002 金剛山金乗院  平間寺 真言宗智山派大本山 2008.1.27再訪
210-8521 川崎市川崎区大師町4−48 京浜急行大師線「川崎大師」駅下車徒歩8分
通称川崎大師
880余年前の崇徳天皇の御代、平間兼乗(ひらまかねのり)という武士が、無実の罪により生国尾張を追われ、諸国を流浪したあげく、 ようやくこの川崎の地に住みつき、漁猟をなりわいとして、貧しい暮らしを立てていました。
兼乗は深く仏法に帰依し、とくに弘法大師を崇信していましたが、わが身の不運な回り合せをかえりみ、また当時42歳の厄年に当たりましたので、 日夜厄除けの祈願をつづけていました。
ある夜、ひとりの高僧が、兼乗の夢まくらに立ち、「我むかし唐に在りしころ、わが像を刻み、海上に放ちしことあり。已来未(いらいいま)だ有縁の 人を得ず。いま、汝速かに網し、これを供養し、功徳を諸人に及ぼさば、汝が災厄変じて福徳となり、諸願もまた満足すべし」と告げられました。
兼乗は海に出て、光り輝いている場所に網を投じますと一躰の木像が引き揚げられました。
それは、大師の尊いお像でした。兼乗は随喜してこのお像を浄め、ささやかな草庵をむすんで、朝夕香花を捧げ、供養を怠りませんでした。
その頃、高野山の尊賢上人が諸国遊化の途上たまたま兼乗のもとに立ち寄られ、尊いお像と、これにまつわる霊験奇瑞に感泣し、兼乗と力をあわせ、 ここに、大治3年(1128)一寺を建立しました。そして、兼乗の姓・平間をもって平間寺(へいけんじ)と号し、御本尊を厄除弘法大師と称し奉りました。 これが、今日の大本山川崎大師平間寺のおこりであります。
法灯をかかげて、悠久ここに880余年、御本尊のご誓願宣揚と正法興隆を目指す根本道場として、川崎大師平間寺は、今、十方信徒の心からなる 帰依をあつめています。
関東の名刹、真言宗智山派・大本山金剛山金乗院平間寺(通称厄除弘法大師または川崎大師)は、もろもろの災厄をことごとく消除する厄除大師として、霊験あらたかなことは、むかしから有名であります。
総本山は京都東山七条にある智積院で、千葉・成田山新勝寺、東京多摩・高尾山薬王院とともに、関東三山としてその名を知られています。(川崎大師ホームページより)
関東に住んでいる頃、通院の途次、幾度となく訪問したものですが・・・・山門前の混雑はいつ行っても同じですね。
正面が東を向いている〜駅の方からみると反対に向いている〜ために余計に混雑が激しくなっていると思います。
山門脇の寺号石標 山門 本堂 八角五重塔 本堂にかかった山号額


交通安全ステッカー
不動門