Last Update
2010/05/05
z019 萬松山  泉岳寺 曹洞宗 2008.8.11 参詣
108-0074 東京都港区高輪二丁目11番1号 都営地下鉄浅草線「泉岳寺」下車徒歩3分
慶長17年(1612)に徳川家康が外桜田に門庵宗関を招いて創建。
寛永18年(1641)寛永の大火で焼失したが、将軍家光の命で、毛利・浅野・朽木・丹羽・水谷・今川の6大名により、現在の高輪の地で再建された。
浅野内匠頭と赤穂浪士が葬られていることで有名であり、現在も多くの参拝客が訪れる。
また、毎年12月13日、12月14日には義士祭が催される。境内には学寮があり、後に吉祥寺の旃檀林学寮、青松寺の獅子窟学寮と統合して駒澤大学に発展したほか、現在でも僧侶は境内の学寮で共同生活を行いながら大学に通学している。
→泉岳寺ホームページ
赤穂浪士の墓所で有名ですが、原則境内撮影禁止なので写真は少なめです。
赤穂義士記念館はビデオで赤穂義士討ち入りの様子や泉岳寺との関わりを見ることが出来ます。
御朱印は集印帳持参者に限り記帳して頂ける。
総門 山門に掛けられた山号額 総門から山門を見る 山門 本堂


パンフレット(表)

パンフレット(裏)
山門前にある大石内蔵助像 赤穂義士記念館入場券


御朱印

御朱印についての説明