Last Update
2010/05/05
000 安国山  聖福寺 臨済宗妙心寺派 2008.9.14 参詣
812-0037 福岡市博多区御供所町6−1
建文6年(1195)に日本の臨済宗の開祖、栄西が宋より帰国した際に、宋の人が建立した百堂の跡に寺院を創建したとされる日本最古の禅寺である。
山門に元久元年(1204)後鳥羽天皇により贈られた「扶桑最初禅窟」の額がある。
室町時代末期に兵火を受けたが永禄11年(1568)、耳峰が入山して再興する。
江戸時代の文化・文政期には禅画で名高い仙豪`梵がこの寺の住職を務め、文人の間に当寺の知名度を上げた。
先日訪問した東長寺のすぐ裏手にある。
広大な境内敷地全体が国の史跡に指定されている。
中門より内側は拝観出来ないようで、仏殿や山門などがある境内の前半部のみ自由に拝観できる。
総門 総門脇にある説明板 総門を入った正面の寺号石標 総門を入った左にある境内案内 山門

仏殿 中門 開山堂 鐘楼