Last Update
2010/05/03
z036 龍泉山  三瀧寺 高野山真言宗 2008.11.17 参詣
733-0805 広島市西区三滝山411
寺伝によれば809年(大同4年)空海(弘法大師)による創建とされ、「三滝観音」として古くから親しまれている。境内には水流の異なる「駒ヶ滝」「梵音の滝」「幽明の滝」の三滝があり、その水は平和記念式典の献水にも使われている。また境内にある朱塗りの多宝塔は、原爆犠牲者の供養のため1951年(昭和26)年に和歌山県広川町の広八幡神社から移築されたもので、広島県の重要文化財に指定されている。多宝塔内には国の重要文化財に指定されている木造阿弥陀如来坐像(平安時代)が安置されている。
天候がいまいちであったが、紅葉の盛りで山内至る所で紅葉を鑑賞することが出来た。
但し延々と階段が続いて、目当ての観音様は一番上近くの本堂なので結構足にきてしまった。
境内案内図 想親観音堂

多宝塔
祖師の庭 鐘楼

延々と続く階段

三瀧のひとつ
梵音の瀧
鐘楼 本堂の回廊 本堂内正面


三鬼権現堂

本堂全景
お御影 御朱印帳にはさまれた転写防止紙を兼ねたしおり 御朱印