Last Update
2010/05/03
z038 亀居山  大願寺 高野山真言宗 2008.11.17 参詣
739-0535 廿日市市宮島町3 宮島桟橋より徒歩10分
この寺の創建年代等については不詳であるが、寺伝によれば平安時代初期に空海によって開かれたとも伝えられるが、一説によれば鎌倉時代初期の建仁年間(1201年〜1204年)了海によって開かれたとも伝えられる。
明治まで厳島神社の普請奉行として寺院の修理・造営を一手に担い、千畳閣、五重塔、多宝塔などから形成される“厳島伽藍”の中心をなしていた名刹。
所蔵する秘仏厳島弁財天は、江の島、竹生島とともに、三大弁財天と称される技芸・福徳の女神とされている。
勝海舟と長州の使者との和平会談が寺の一室で行われており、幕末から明治にかけ多くの文人墨客が訪れている。
平成18年4月2日には140年ぶりに護摩堂が再建され、総白檀の丈六の不動明王の開眼供養が執り行われた。。
厳島神社の参拝順路出口の正面にあり、周囲は塀や築地もなく境内は公園のような感覚を受ける。
厳島神社に参拝した観光客も自然に参拝できるようで、結構なにぎわいになっている。
山門 全景 護摩堂 平和観音 不動明王

本堂 本堂に掛けられた寺号札 本堂に掛けられた薬師霊場札 本堂に掛けられた広島新四国八十八ヶ所霊場札 本堂前の由緒書き


薬師霊場の御朱印

88ヶ所霊場の御朱印
交通安全ステッカー