Last Update
2010/05/24
Z063 福岡県護国神社 別表神社 2009.11.12 参詣
810-0044 福岡市中央区六本松1-1-1 西鉄バス「NHK放送センター入口」下車すぐそば
祭神:明治維新以後の戦役・事変下一円の英霊
創建:明治元年(1868) 例祭:5月3〜4日、体育の日とその前日
明治元年(1868)11月、福岡藩主・黒田長知が、戊辰戦争に殉じた藩士を祀るため那珂郡堅粕村(妙見招魂社)と馬出村(馬出招魂社)に招魂社を創建したのに始まる。
明治39年(1906)6月27日、馬出招魂社に妙見招魂社を合祀して妙見馬出招魂社とした。
昭和13年(1938)に福岡招魂社と改称し、昭和14年(1939)、招魂社の制度改正により福岡護國神社に改称した。
福岡城外練兵場約53000坪を境内並びに外苑として払下げを受けて社殿を創建、内務大臣指定護国神社(1県1社を立て前とし、旧官、国幣社に準じて国家より鄭重に取扱われた)として昭和18年4月30日御遷座になった。
然し昭和20年6月惜しくも戦災により御本殿以下一切の建造物を焼失、其後永く仮社殿で祭祀を続けて来たが、県民の至誠により昭和38年5月現社殿の竣工を見たものである。
(平成の祭データより)
大濠公園の南側にあり、色々な意味でなかなか訪問できずにいましたが、思い切ってタクシーを奮発して行ってきました。(実際は夕方近くなってしまったのでバスでは遅くなってしまうと・・・・・!)
広大な敷地の一番端に社殿があるので、正面鳥居から入ると随分歩かされる。
しかし、広々とした敷地の周辺は樹木に覆われていて中側には何もないというのもかえってスッキリしていていいかも。
広い境内と鳥居 大鳥居正面から 鳥居下から拝殿正面を見る 拝殿 拝殿に掛かった社号額


御朱印
バス通り沿いの看板 パンフレット 交通安全ステッカー