Last Update
2011/01/08
Z072 春日神社 旧県社 2011.1.8 参詣
806-0022 北九州市八幡西区藤田1-10-44
祭神:天児屋根命,武甕槌命,経津主命,比売命
創建:神武天皇東征の御代 例祭:10月15日に近い金曜日
春日宮や黒田神社とも称される。
『日本三代実録』に記載される「筑前国鳥野神」に充てられる国史見在社の論社。
毎年7月に春日宮へ奉納する黒崎祇園山笠は北九州の風物詩として有名。
古くは鳥野神社と称し、『日本三代実録』の貞観15年(873年)に神位の等級を進められた「鳥野神」に充てられている。
中世は領主・麻生氏の崇敬篤く、近世に至り黒田氏が筑前へ入国すると黒崎宿・藤田の鎮守神として栄えた。後に藩祖・黒田如水および初代藩主・黒田長政を祀り、併せて黒田家家中で勲功のあった24人の武将を顕彰。
江戸時代を通じて「黒田大明神」を称した。明治に至り春日宮と再称。
(Wikipediaより引用)
岡田神社とならぶ黒崎地区の鎮守だそうで、結構参詣のひとあしが絶えない。
道は狭いが車で境内まで登ることが出来る。
境内から参道を見下ろす 拝殿正面 拝殿斜め方向から 本殿 境内社

拝殿に掛かった社号額