Last Update
2011/02/09
Z075 日吉神社 旧村社 2011.2.9 参詣
808-0102 北九州市若松区東二島2-16-6
祭神:大山咋神、大物主神、素盞嗚尊、天神地祇
創建:弘仁年代(810−823)頃 例祭:10月18日
日吉神社が、この地に鎮座されたのは、今より遡ること1190年前の時代、即ち人皇第52代嵯峨天皇の御代に近江国(滋賀県)の日吉大社の御分霊を遷座されたと伝えられ、若松島郷一円の総社と仰がれていた。
後世には、花房城主麻生近江守の尊崇がとくにあつく、正月田、三月田、五月田と奉賛の誠を捧げた寄進田の地名が残っている。
国道199号線沿いに大鳥居(一の鳥居)が大きく目立っているが、そこから北に向って約300m余りの参道が延びており、漸く境内にたどり着く。
周辺に駐車スペースが無いので参詣時は要注意。
国道沿いの大鳥居 二の鳥居 鳥居脇の由緒書き 参道正面から 拝殿

本殿 境内社 拝殿脇の境内社についての説明書き