Last Update
2011/05/08
Z077 天疫神社 旧村社 20110508 参詣
802-0804 北九州市小倉南区下城野2-13-2
祭神:須佐之男命、高於加美、闇於加美
創建:推古天皇12年(604) 例祭:10月第3日曜日
紫川の北、蛇渕に住む龍神の神気に触れて、人・馬・牛が次々と死んでいった。村長はこの病を退治すべく、神剣を鍛え、紫川の水を汲み、当神社の砥石で磨き上げて奉納した。
それ以後病は収まり、当神社は病気平癒、厄除け、家内安全の神としてあがめられている。
(境内の由緒書きより)
木々が生い茂り、都会地の中にある神社とは思えないほど静謐な気配に包まれている。
一の鳥居 一の鳥居の脇に掲げられた看板 二の鳥居 二の鳥居下から境内拝殿方向 拝殿正面

由緒書きが彫られた石碑 拝殿に掛けられた社号額 本殿
木々に隠れて見えない!
社務所前から見た全景