Last Update
2008/10/04
Z024 恒見八幡神社 旧郷社 2008.7.12 参詣
2008.7.31 再訪
800-0116 北九州市門司区恒見町3-1
祭神:誉田和気尊,足仲彦尊,気長足姫尊,大雀命,大山祇命,豊玉媛命
創建:天長元年(824)宇佐八幡宮より勧請 例祭:10月12日〜13日
天長元年(824)豊前国恒見城主、安芸入道平道金候が武運長久を祈念して、自ら祭主となり、宇佐八幡宮から御分霊を勧請し、此処に奉祀したのを創建とする。
室町時代に至り、豊前国が周防の大内氏の支配となると、武将門司城代より、奉幣があるなど崇敬を受けた。
江戸時代の寛永9年(1632)小笠原忠真候が小倉15万石の城主となり以来代々当神社を崇敬し、小笠原忠固候は文政5年(1822)に神殿を再建。
カメラのバッテリー切れでストロボが使えず暗くなってしまった。
授与所にはステッカーなどもあったので買いたかったが、呼び鈴を何度押しても誰も出てこられず断念!

********************************
再訪時は夏越祭の日とのことで暑い中対応して頂きました。
御朱印代は特にとっていないとの事でしたが賽銭代わりにと平均額を喜捨しておきました。
南側の大鳥居正面から 東側の神門正面から 拝殿 拝殿に掲げられた由緒書き 社務所前から見た全景


交通安全ステッカー
本殿 末社五社稲荷 南側から見た境内、正面は社務所