Last Update
2010/05/24
Z036 津田八幡神社 旧村社 2008.8.18 参詣
800-0242 北九州市小倉南区津田3-2-18
祭神:品陀和気命、息長帯比売命、多岐理比売命、市寸島比売命、多岐都比売命
創建:貞観元年(1519) 例祭:10月14日
津田八幡神社の草建は、貞観元年(1519)宇佐八幡宮の分霊を山城国男山に奉遷する道中、津田の生岩山に神輿を停め、其処に祠を建立した事に始まる。
天元二年(1638)此の生岩山に宮殿を建立し、津田村・田原村の産土神として崇敬される。
永正六年(2164)に津田村鬼門の岡(現在地)に新たに神殿を造営し生岩山より遷座、初めて津田八幡神社と称した。
安産・厄除・農業・産業の生産・交通安全の神として崇敬されてきた。
国道10号と県道25号(新道)との交差点側にあり、近所のパソコンショップやショッピングモールにはちょくちょく来ていたので、何度もすぐ側を通っていたのですが、今回初めての訪問です。
が、参道への入り方がわからず、車に乗ったまま周囲をうろうろ・・・・(笑)
駐車スペース脇の由緒書き 大鳥居 拝殿 拝殿 拝殿に掛かった社号額