Last Update
2010/05/24
Z037 綿都美神社 2008.8.18 参詣
800-0204 北九州市小倉南区中吉田1-23-10
祭神:綿都美神、志那都毘古神、志那都毘売神、大山津見神
創建:天平6年(734) 例祭:10月20日
社伝によれば天平の昔(734)立地条件に最も適したこの地を海神風神を龍王の宮として奉斎し招魂鎮魂の郷土の守り神である氏神として信仰・継承されて来た。
応永の乱(1399)に際して、神殿神宝悉く戦禍のため灰燼にきした。辛うじて残った元徳・元弘・暦応・貞和・永徳・明応・永正・天文各時代の古文書に国司・地頭の当社に対する寄進状が現存していることは古来如何に当社が篤く崇敬されていたかを物語るものである。
明治維新と共に社号を綿都美と改め、氏子区内の各神社の神霊を合祀して今日に及んでいる。
鳥居正面にあるコンビニで駐車代代わりに弁当を買ってから参詣。
境内には鳥類や動物を飼っているとのことでしたが、檻はあるのに肝心の中身は見当たらず、残念。
県道沿いの一の鳥居 鳥井脇の社号石標 一の鳥居下から二の鳥居を見る 拝殿正面 拝殿に掛けられた社号額

拝殿