Last Update
2010/05/24
Z045 戸明神社 旧村社 2008.10.6 参詣
808-0122 北九州市若松区大字蜑住866
祭神:天手力雄大神、天児屋根大神
創建:不明 例祭:10月8日
安屋・有毛・大鳥居・高須に鎮座する「戸明神社」の本宮で、稲国・岩屋・脇田・竹並・払川・塩屋・小敷に鎮座の「産土氏神社」十八社の総社として古来崇敬されてきた。
その創建の時期については、第六代大宮司幡掛元成の誌す『戸明神社縁起書序』(天文五年)に「昔、当社は岩屋・柏原との間、戸明浜に御社有りて甚だ厳しき宮造りなりしを、享禄の年頃此の地に移し奉るなり」とあり、これによればこの地に遷座したのは、ほぼ西暦1528年の頃となる。
『福岡県神社誌』(昭和十九年)によれば、「往昔は大社にて郷内の三大社と称し、島郷三十余村より春秋両季五穀成就の祈祷は勿論、毎年臨時祭絶えず執行せり」とあり、宮司家が郡内神職の頭取に任じてきた事と併せ昔時の繁栄が偲ばれる。
→戸明神社のホームページ
祭神が天手力雄大神、天児屋根大神という福岡県ではちょっと珍しい神社です。
若松区塩屋と有毛を結ぶ市道脇に広い駐車場があり、その手前に一の鳥居がある。

御朱印
二の鳥居 二の鳥井脇の由緒書き 全景 拝殿正面


交通安全ステッカー
本殿 末社稲成社 末社菅原神社