御朱印とは・・・
御朱印とは、神社や寺院で頂ける印である。単に「朱印」と呼ぶことは少なく、通常は「御朱印」と言う。
「参拝記念スタンプ」とは異なり、通常は自分で押すのではなく寺社の僧侶や神職などが押印し、その上に墨書で寺社名や参拝日などが書かれる。その墨書も含めて「御朱印」と呼ばれる。
御朱印の起源は、寺院に写経を納めた際の受領印であったという。
そのため、御朱印を「納経印」と呼ぶことも多い。
現在では納経をしないでも、少額の金銭(納経料)を納めることで御朱印がもらえる所がほとんどである。
納経とは余り関係のない神社でも御朱印が頂けるのは、明治になって神仏分離令が出される前の江戸時代までは神仏習合であり、神社と寺院が一体となっている所が多かったため、寺院起源の御朱印が普通に神社でも供されるようになったものと思われる。
多くの寺社で300円としているが、500円などそれ以上のこともある。また、「お気持ちをお納め下さい」として金額を明示しない所もある。
通常は、奉書紙を屏風折にして表紙をつけた「御朱印帳」に押してもらい、スタンプなどとは混在させないようにする。
御朱印はスタンプなどのように疎略に扱うべきではなく、四十七士の墓所で有名な泉岳寺など、ちゃんとした御朱印帳を持参しないでスタンプ帳やメモ用紙などを出されても受け付けていただけない寺社もあり、同寺では御朱印の扱いに関する栞を付けて返される。
御朱印帳は寺社や文房具店、仏具店などで販売されている。
四国八十八箇所霊場などの霊場巡りの場合には、専用の御朱印帳や用紙、掛軸などが用意されていることもある。
通常は、寺院では門徒、檀家以外の一般参詣者に広く門戸を開いている観光地の寺院や宗派の本山(大本山、総本山、別格本山など)及び霊場巡りの札所寺院で頂けるが、浄土真宗の寺院では御朱印を頂くことができない。
なお、例外も多く、無住の寺院では近隣の寺院や近在の信者方で御朱印をいただく場合もあり、事前に連絡しないと拒否される所もある。
窓口は「納経所」、「朱印所」などと書かれた受付窓口が多いが、地方の寺院などでは寺務所や庫裡を訪ねる場合も多い。
御朱印の入門書としては淡交社の「決定版 御朱印入門」という本があるので参照されたい。