CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<  2020 - 08  >>
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
NEW ENTRIES
COMMENTS
    思い出のメロディー
  • ふゅぅ >08.14
TRACBACKS
Search Box
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.152376秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット


部品店・・・
きょうの天気は晴れ

北九州に行ったついでに、久しぶりの部品店に顔を出してきました。
半年ぶりくらいかな?
目的はエッチング液がダメになってしまったので新規に購入・・・・実際は薬材店で塩化第2鉄を買って水に溶かした方がずっと安上がりなのはわかっていますが、面倒なのと、後処理材もセットになっているのでね。・・・・及び汎用トランジスタの補充購入。
ついでにあれこれ見て回ると、前回来た時にはけっこう在庫があったFCZのハムバンドコイルの在庫がほとんど無くなっていたこと。
ジャンク品は別にして、高周波用のコンデンサ・・・・マイカやスチコンは皆無。セラミックもわずかだけ・・・・
オーディオ用は結構高級品のコンデンサや抵抗類も豊富にありましたが・・・
本当に無線の自作派は少なくなったんだなあと実感です。

帰宅後久しぶりに自作品のページ更新。
SSBトランシーバーに小さな一歩です。

| YAS0629 | 23:30 | comments (0) | trackback (0) | その他自作 |
ディップメータ完成!
きょうの天気は曇り

一昨日の日記に書いたディップメータですが、壊れたのはコイルのソケットだけでしたが、プラグインコイルのソケットが入手できるのかわからなかったので、とりあえず市内の部品店を覗いたところ、汎用のプラグ&ソケットのソケットが同寸であることを発見。
コイルは従来の物をそのまま流用できる!
最も苦労しそうなところが一気に解決したので、この際バリコンとダイアル機構もそのまま流用することに。
回路はFET1石のタイプはディップが浅くて測定しづらいので、適当なものがないかと色々検索したところ、かつてハムジャーナルでディップメータの特集をしていることがわかり、その1992年のNo.79号を引っ張り出してきました。
記事に出ている製作例の回路をちょっといじってやれば手持ちの部品で何とかなりそうなので、早速製作開始。
と、昨日は基板を作ってはんだ付けしたところで眠くなってしまい、そこまででストップ。

本日は帰宅してから、まずやっかいなケースの加工から始め、2時間半ほどで完成致しました。
とりあえず元のダイアル目盛をそのまま取り付けて、TS690で発信周波数をチェックしたところ、一部1MHzばかりずれているところもありますが、まあ誤差の内で元のダイアルもそのまま使える事が判明。
ということで、無事完成と言うことになりました。

本日はここまでで終わり。
他の簡易測定器(NFメータとか2トーンジェネレータなど)も先に作ってみたくなってしまいました!



| YAS0629 | 21:15 | comments (0) | trackback (0) | その他自作 |
ディップメーター
きょうの天気は晴れ太陽

先般基板を作成してはんだ付けまで終了したSSBジェネレーターの調整をすべく、ディップメーターを取り出してきたのですが・・・・
なぜか発振しない!
これは今から35年くらい前に作ったFET一石の簡単ではあるが結構実用的だったものなのですが。
どうやらコイルのソケットがうまく接触していない接触不良のようで・・・・と、コイルを抜き差ししていたら、なにやら金属片がぽろりと落ちてきて・・・・
ソケットが完全にこわれた!

というわけで、この際新しいディップメーターを作ることにします。
ダイヤルの校正はトランシーバーがジェネカバなので、悩むことなし。
昔作った時には結構この校正に悩んだ記憶がありますが、便利になったもんだ。

| YAS0629 | 22:31 | comments (0) | trackback (0) | その他自作 |
捜し物
今日の天気は晴れたりくもったり晴れのち曇り

同軸アンテナ切り替えスイッチがどこかに仕舞ってあったはずだと、久しぶりに押入の中をごそごそやっていたら、懐かしい物やら、はたまた作りかけのまま放り出してあった物などが出て参りました。
懐かしい物は、大学時代に下宿からアマチュア無線の声を出すのに使っていたアイワのスタンドマイク。(下の写真)
ほこりだらけの傷だらけになっていますが、なんとか復活させてみたい・・・・
作りかけの物は、50MHzのSSBトランシーバー。
基板は局発、バラモジ、RF~MIXと電源部は完成してケースに取り付けてありましたが、それ以外は手つかずの状態。
確か当時はフォワードAGCのIFアンプがなかなかうまくいかずに(良いデバイスに巡り会わずに?)挫折したようなかすかな記憶が・・・・
基板のエッチングで記入してある日付を見ると1985年1月になっていました。
RFが2SK125パラのゲート接地回路は、当時としてはかなり先進的な回路ではなかったかな?いや、そうでもないか・・・・
まあ、いずれにせよ今となってはかなり古くさいし、性能的にも今ではもっと良いデバイスがたくさん出ているので、今更続きを作っても仕方がないかな?

で、捜し物ですが、結局見つからず!
あした、また別の所を捜してみます。


| YAS0629 | 22:58 | comments (0) | trackback (0) | その他自作 |