CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<  2020 - 08  >>
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
NEW ENTRIES
COMMENTS
    思い出のメロディー
  • ふゅぅ >08.14
TRACBACKS
Search Box
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.146031秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット


歴史・時代物小説
最近まで時代物の小説というと佐伯泰英のものを読んでいたのですが、出版されている物は殆どすべて読んでしまいました。
今までに読んだ時代物の作家というと、故人では池波正太郎、司馬遼太郎、峰隆一郎(推理小説も)などは、殆どすべて読み尽くしました。
現役作家でも初めに書いた佐伯泰英をはじめ、高橋克彦、宮部みゆき(推理小説も)、藤沢周平、平岩弓枝、等もほぼすべて読んでしまったのではないかと思います。
昨日、文庫本を整理していてふと手に取ったのが峰隆一郎の柳生十兵衛のシリーズ・・・・いわゆる「チャンバラ」ものですが、派手な斬り合いの場面をわくわくしながら読んでいたのを思い出しました。
そうしたわけで、久しぶりに「チャンバラ」物の新作を読みたくなりまして、書店であれこれ物色した所、格好の作者を見つけました。
鳥羽亮の介錯人シリーズなのですが、これがまた結構派手な斬り合いの場面もあって面白い!!
しばらくはこの作者の作品を追いかける事になりそうです。


| YAS0629 | 23:05 | comments (0) | trackback (0) | マナー |