CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<  2021 - 10  >>
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
NEW ENTRIES
COMMENTS
    思い出のメロディー
  • ふゅぅ >08.14
TRACBACKS
Search Box
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.15674秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット


憲法
今日の天気は・・・・大阪は晴れでした

さて、きょうは憲法記念日ということで、たまには硬い内容でも。
最近は、国民投票法案も近日中に成立するとかで、なにやらきな臭いにおいがし始めたような気もしますが・・・

その日本国憲法ですが、確かに日本語としてこなれていない表現や言い回しが多数見受けられるという面に関しては否定するつもりはありません。
しかし、制定されて60年も経過し、違和感を覚える表現に関しても、そういうものだと判断してしまえば何ら問題はないと思います。
言葉なんていうものは時が経つにつれて変化していくものですし、内容に誤解を生じない限りにおいては今のままでも差し支えは無いと思います。
また、現実と乖離している面が多くなってきたとの指摘もありますが、そういってしまえばこれまで憲法の範囲内で、法律を運用してきたという蓄積を自ら否定してしまうことになるのですがねぇ・・・すなわち、一部の野党が主張するように「違憲」であったと認めるわけですな。

個人的に言わせて頂くならば、焦点となっている「第9条」は世界に誇るべき条文だと胸を張れると思います。
国際社会への貢献(限定的に言うと紛争解決への貢献)は、今までのように9条の枠の中で行うべきで、逆に言えばこの9条はある意味での理想を述べているのであって、それに近づけるべく取るべき手段については各論あってしかるべきです。
9条があることによって、今までがそうであったように、ある種の歯止めとしての機能は後々まで効いてくると思います。
そして、この9条は、21世紀中は無理だとしても、22世紀、いや23世紀でもいいですが、世界中の国が同様の条文を持って世の中から戦争が無くなることを期待してはいけないのでしょうか?
我が国にはこういうすばらしい憲法条文があるんだと、ことある毎に世界に向かってアピールしていくべきだとさえ思うのですが・・・

また、環境問題などが憲法の理念の中には抜けているという指摘もありますが、それこそ必要な条文があれば、現行憲法の条文はいじらずに必要な条文を付け加えりゃいいんですよ。



| YAS0629 | 23:29 | comments (0) | trackback (0) | 雑記 |