CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<  2019 - 09  >>
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
NEW ENTRIES
COMMENTS
    思い出のメロディー
  • ふゅぅ >08.14
Search Box
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.810061秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット


高校の履修単位不足
今日の天気も晴れ太陽

このところ連日高校での履修単位不足というか、故意に履修すべき課目の授業を行わずに他の課目の授業を行って単位を振り替えていた問題が報道されています。
こういう問題が発生した大きな原因のひとつに「ゆとり教育」と称する授業時間の削減が考えられます。
このゆとり教育を進めるためには各教科の内容を少なくする・・・つまりレベルを落とすことになりますが・・・か、履修科目を削減するかの2通りしか対応できないのは明白です。
しかし、大学受験を考えると各科目のレベルを落とすのはまずいので、必然的に科目数を減らさざるを得ない・・・つまり、受験に関係ない課目を削減せざるを得ないわけです。
もう一つの大きな原因に、ゆとり教育と関係があるかもしれませんが、大学受験における受験科目数の減少があげられます。
必然的に受験に必要としない課目がおろそかになるのは明らかです。
私が高校生であった30年以上昔と比較するのはナンセンスなのかもしれませんが、私が大学を受けたときの工学部の受験科目は・・・数学、国語(古文、漢文を含む)、外国語、理科(化学、物理、生物、地学から2科目選択)、社会(日本史、世界史、地理、政治経済から1科目選択)の5教科6科目だったと記憶していますが、現在では3科目くらいでしょうか?
当時も私立や一部公立では3科目の所も多かったのですが、むしろ私は科目数が多い方が有利or楽だと思っていましたが・・・・

とにかく、受験生にとって追い込みのこの時期に至ってこのような問題が明るみに出て、極力受験自体に影響が出ないように対応をお願いしたいものです。


| YAS0629 | 21:38 | comments (0) | trackback (0) | 雑記 |
コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL
http://www.yassite.jp/PB/blogq/tb.php/465
トラックバック