CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<  2005 - 10  >>
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
NEW ENTRIES
COMMENTS
    思い出のメロディー
  • ふゅぅ >08.14
Search Box
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.407074秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット


酔っぱらい運転
きょうも酔っぱらい運転のトラックによる死亡事故がニュースになっていましたが・・・・・
私は時々郊外のドライブインで食事をするのですが・・・・~おかずを色々選べて値段も手頃なもんで~・・・
そこは大きな駐車場があり、トラックの運転手さん達が食事のために立ち寄るのに絶好なところでして、
そこでは運転手でもアルコールをオーダー出来るのです。
実際きょうも行ったのですが、なぜかいつもよりずっと人が少なかったですが、室内のテーブルに着いているのはほとんどがトラック運転手のようでした。
しかも、ほぼ例外なくビールなどのアルコール類を飲んでいました。
もちろん、このドライブインには浴場もあり、仮眠などの休憩もするのでしょうが、やっぱり飲酒運転にならないのか気になります。
このような、車で乗り付けるような飲食店ではアルコールを出すのを禁止すればある程度効果があるのではないでしょうかねぇ?
もっとも、バスの団体行楽客なども利用するので、禁止は無理かなぁ・・・・
食堂内煙草吸い放題なのもちょっと問題だし・・・・・・


| YAS0629 | 22:53 | comments (0) | trackback (0) | マナー |
新北九州空港
昨日の新聞に来春開港の新北九州空港に関する特集記事が掲載されていましたが・・・

距離的には北九州空港の方が近いんですが、私が主に利用しているのは、ほとんど山口宇部空港です。
下関からはバスで1時間ちょっとですし、私はもっぱら自家用車利用ですが、山陽道経由で1時間弱で着く上に駐車場が無料なのです!
現北九州空港は便数が少ないのはともかく、駐車場が狭い上に有料(もっとも1日800円ですが)。
新空港開港時には高速道が接続するようなので、時間的には山口宇部空港に比べて半分くらいの時間で行けそうですね。
便数は羽田便が1日20便以上になるようですし、駐車場も1500台収容で1日390円になるそうなので、宇部よりも便利で安上がりになるかな?
しかし、せっかくの海上空港なのに、船でのアクセスが考慮されていないようなのは残念です。
下関は唐戸桟橋辺りから高速船でも出せば結構便利だと思うのですがねぇ・・・・
なお、滑走路の長さは山口宇部も新北九州も同じです。

| YAS0629 | 23:24 | comments (0) | trackback (0) | 雑記 |
よるごはん??
あさごはん、ひるごはん、ゆうごはん、ばんごはん・・・・は普通に言うと思うのですが、よるごはん・・・・・って、普通に言うかなぁ?
朝食、昼食、夕食、夜食・・・の並びからいうと、あってもおかしくないか・・・・?

いや、ね、某殺菌消臭ミスト(?)のTV-CMで以前から流れているのが気になってしょうがないのですが、夜食べる食事は晩ご飯ですよねぇ・・・・?
気になってちょっとWeb検索をかけてみたら21,700件以上も引っかかった!
ついでに調べた、夕ご飯は23,500件、晩ご飯は251,000件。
この結果を見ると、やはり晩ご飯が普通のようですね。しかし、夜ご飯も桁が違うとは言え2万件以上検索出来たという事は、世の中では結構普通に使われているのですね!オドロキ!
ちなみに、手持ちの国語辞典及びgooの国語辞典検索では該当はありません。

でも、やっぱり違和感を感じてしまうなぁ・・・・

| YAS0629 | 22:36 | comments (0) | trackback (0) | 雑記 |
うどんのつゆ
え~、うどんやそばのつゆは、関東と関西では大きく異なるというのは皆さんご存知だと思いますが、関西でも近畿と我が下関あたりの味も微妙に異なっています。
まぁ大きな違いではないのですが、下関ではいりこだし+昆布だしの合わせ味で近畿よりやや塩味が効いている感じですか・・・
たしか近畿では昆布だし+かつおだしが主流だったと思いますが、まちがってたらご指摘ください。
うどんはラーメンとちがって自宅でも簡単にだしが作れるので各家庭の味というのもありそうですね。
で、私はうどんも結構外食しておりますが、気に入っているのは、第1に老舗の桃太郎。次は駅構内の立ち食い。次いで埴生(はぶ=山陽小野田市内)のウエストバリア・・・かな?
うどんのつゆは関西系の味で、そばは関東系の味が合っているというか、好みなのですが、時たま無性に関東のうどんの味が懐かしくて食べたくなる事があります。
関東のかつおだし(+さばぶしだし)の醤油味のつゆは、まず地元ではお目にかかれません。
逆の関西味のうどんは関東ではけっこう食べる所があるのにねぇ・・・・不公平・・・・(笑)
ところで、最近某全国系のスーパーチェーン(ジャスコやマックスバリュです)で、関東味のうどんつゆを売っているのを発見!
嬉しい事に、同じシリーズで関西味のうどんつゆも、そばのつゆもあります。
うどんとそばのつゆは別もんだと思っていますので、まさに当を得た商品です。
さっそく買って帰って食してみると・・・・意外と旨い!
昔、良く立ち寄って食べていた上野駅の立ち食いうどんのつゆに似ている・・・・・と、思う。
いままではうどんつゆはヒガシマル、そばつゆは一番にしていましたが、今後はすべてトップバリュに統一します!


| YAS0629 | 22:35 | comments (0) | trackback (0) | 食物・食事 |
路面電車
あややキャプテン公演ライブのために松山に行ってきたのですが(実はその前には安倍なつみのカジュアルディナーショーのために東京へ行っていました)、中学生時代以来の訪問でもあり、市内のあちこちを観光してまわりました。
その際、移動手段として最も利用したのが路面電車です。
下関市内にも70年代初めまでは走っていたのですが・・・・・多くの都市と同様にモータリゼーションの波に押されて廃止されてしまいました。
しかし、あの時期を乗り越えた所では、現在では逆に長所がクローズアップされて、大事にされているようですね。
で、松山の市内ですが、距離に関係なく150円で、しかも乗り換え出来る、なかなか便利でありました。
しかも、全車両クーラー付きでしたので快適でしたし。
最近新製の車両も増備されておりエンブレをみると今年製造の車両が結構ありました。
もちろんバスも同じ区間にも走っていましたが、電車区間内で乗降する時は地元の人は殆ど例外なく電車利用のようでした。
昭和20年代に作られた、あの釣掛式の独特のモーター音が、無性に懐かしさを感じさせてくれました。
もちろん、道後温泉や正岡子規関係の名所、松山城(工事中でしたが)も良かったですが、今回松山で一番印象に残ったのは路面電車だったのであります。

帰りは松山観光港からシーマックスで海路下関へ。
3時間弱は居眠りしているうちに着いてしまいました。

| YAS0629 | 23:28 | comments (0) | trackback (0) | 雑記 |