CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<  2021 - 12  >>
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
NEW ENTRIES
COMMENTS
    思い出のメロディー
  • ふゅぅ >08.14
TRACBACKS
Search Box
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.173116秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット


最近読んだ本


先日書店で見かけて買っておいた物ですが、ざっと読んでみました。

最近の入門書にまま見られるような曖昧な記述や誤解を与える記述もなく、ちょっとした確認には非常に便利な一冊です。
今までにも仏教宗派についての解説書はあまたありますが、極端に専門的な物か余りにも平易なごく初心者向けの入門書的な本が多い中、この本は極端に専門的にならず、かといって曖昧なところもなくて、ちょっと調べてみたい時にはいいですね。


| YAS0629 | 18:14 | comments (0) | trackback (0) | 読書 |
全国霊場大事典

兼ねてから注文してあった「全国霊場大事典」が届きました。
ちょうど入浴中に宅配業者が来たので大あわて!

百科事典サイズの大判なので、さぞや資料満載だろうと期待して開いたのですが・・・・
・・・・・・
う~ん・・・・
確かに詳しい所も多いのではありますが・・・・・抜けも多い・・・・
まあ、以前から持っている「全国霊場巡拝事典」より5年も古い版だから仕方がないか・・・・
でも、古い霊場の抜けも多いが・・・・

ちょっと期待はずれの感もなきにしもあらず。でした!

あぁ、1月ももう終わりか・・・・

| YAS0629 | 23:43 | comments (0) | trackback (0) | 読書 |
最近読んだ本・・・「御朱印入門」


たまたま立ち寄った中規模の書店・・・・文庫とコミック中心で、専門的な本は余り置いてない・・・で見つけた本です。

今まで霊場巡りや神社巡りの一部として御朱印について解説してある本は結構あったのですが、御朱印をメインに置いて解説した本は初めてお目に掛かりました。
それだけに比較的詳しく親切に解説してあり、初心者には手頃な入門書と言えるのではないでしょうか。
ある程度なれた人にはちょっと物足りないかも知れませんが・・・・

ただ、編集者の居住地の関係からか具体例の紹介が近畿地方に偏りがちなのは否めません。
もっとも、神社仏閣の本場(?)は近畿地方なので、いちがいに決めつけも出来ませんが・・・・中国地方や九州地方の霊場についてはまったく触れられておりません。
逆に言えば、畿内の寺社を巡る時には良いガイドブックになります。

データ: 書籍名: 決定版 御朱印入門
      編集者: 淡交社編集局
      発行所: (株)淡交社 http://www.tankosha.co.jp
ISBN 978-4-473-03539-4


| YAS0629 | 18:49 | comments (0) | trackback (0) | 読書 |
最近読んだ本

廣澤隆之監修、青春出版社青春文庫 「仏像とお寺のなるほど読本」

書店の新刊コーナーに何気なく平積みされていたので買ってしまいました。
200ページ少々の文庫なので、一気に読んでしまいました。
この手の解説書にありがちな間違いや勘違いもなく、初心者には手頃な入門書とお勧めできると思います。
書かれている内容の大半は既に知っている事柄でしたが、あらためてこのように整理して記述されると、断片の知識をつないであれこれ思い出すよりも手軽に参照できる種本になります。
中には、京都の西寺が再建されなかった理由や阿形像、吽形像の意味、神社の狛犬に与えた影響など、知らなかった事柄も少なからずありました。

年始にはお寺に初詣される方もいらっしゃると思いますが、この本を読んで仏教の知識の一端を身につけておくと、また新たな別の感動があるのではないでしょうか?


| YAS0629 | 20:50 | comments (0) | trackback (0) | 読書 |
最近読んだ本


教科書から消えた・・・・というタイトルに惹かれて読んでみました。
まあ、主な内容は最近の研究成果が教科書に反映されて、誤っていたり曖昧であった内容が消えて新しい内容に変わっているとか、ちょっと前に世間を騒がせた検定の問題等もとりあげてあり、結構読んでいて興味が尽きない話題が豊富でした。
もっとも、最近の研究成果といっても、ちょっと歴史や考古学に興味を持っている者にとっては常識的な内容がほとんどなのですが、かえっていままでそれが取り上げられていなかったのか!という驚きの方が大きかったりして。

しかし、最も驚いたのは、現在の高校教育では世界史は必修だが地理と日本史はどちらかが選択だと言うこと。
著者は世界史よりも日本史の方が重要だと主張されているのですが、その理由などは本書を読んでいただくとして、私もまったく同感です。

そういえば、私が高校生だった頃は、国立大学の大学入試社会科では日本史、世界史、地理、政治経済の4科目から1科目選択で、私は地理を選択したのですが、日本史も好きだったのでかなり迷った覚えがあります。
まだ共通一次試験(現在のセンター試験)が実施されるよりも前のお話でした!

| YAS0629 | 22:24 | comments (0) | trackback (0) | 読書 |