CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<  2021 - 12  >>
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
NEW ENTRIES
COMMENTS
    思い出のメロディー
  • ふゅぅ >08.14
TRACBACKS
Search Box
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.154998秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット


お寺・・・・
きょうの天気は晴れ太陽

只今「ふるさと」のページに掲載している神社仏閣に関するコンテンツをまとめるために、各種データ収集を行っているのですが、たとえば寺院だけに限っても、この人口30万人足らずの地方都市に250以上の数があるんですよ!
単純に見ても1200人あたり一つの寺院がある勘定ですから・・・・
このうち檀家からの収入(葬儀や法事のお布施など)に頼らない・・・・すなわち保育園や幼稚園の経営による収入とか、観光収入とか・・・・で維持管理できている所はどのくらいあるのでしょうか?
檀家を持たない寺院では観光収入等に頼らざるを得ないわけですが、観光の目玉になるものがありかつ観光コースに組み入れられている所はほんの一握りに過ぎないでしょう。
観光の目玉になるような寺宝があれば国や地方公共団体からの補助もあるでしょうが、ほとんどの寺院は檀家からの収入がメインになるわけで、単純に云えば檀家が多いお寺ほど裕福なお寺ということでしょうね。
まあ例外もあるでしょうが、最近訪問した寺院でも、同じ宗派で比較的近いところにあるお寺でも、立派な本堂を新築し手入れの行き届いた広い境内を有するところと、今にも雨漏りがしそうな屋根の本堂に、かなり荒れ果てて狭い境内のところがあったりすることを目の当たりにすると、経営努力だけではどうしようもないなとつくづく考えてしまいました。
新興宗教でもあるまいし、今時檀家を増やすのも困難でしょうし・・・・


| YAS0629 | 22:12 | comments (0) | trackback (0) | 雑記 |