CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<  2021 - 11  >>
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
NEW ENTRIES
COMMENTS
    思い出のメロディー
  • ふゅぅ >08.14
TRACBACKS
Search Box
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.162774秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット


著作権法改正論議・・・
今朝の朝日新聞朝刊の別刷りに著作権法改正・・・著作権保護期間を作者の没後50年から70年にしようという・・・についての、反対の立場に立った記事が掲載されていました。
それによると、一部の有名作家や有名作品以外は出版されなくなって、価値はあるのに忘れ去られてしまう作品や作家が大幅に増えるという調査結果でした。
確かに、著作権期間の延長はどんなメリットがあるのだろうか?と、考えてしまいました。
要求側の見解としては、権利が切れると誤植の多い安易なものが多く公開される心配がある。とか、私生活を暴露した作品で遺族が迷惑する例もある。欧米の主流は70年になっている。・・・・・などが挙げられていますが、はてな??
実例が紹介されていないので何とも言えないのですが、実感としてホントカイナ?というところです。
なんだか、有名作家の遺族が故人の業績をただ食いしているような印象が、どうも拭えないんですよ!

現在最も読まれているのはミステリー/ハードボイルドや時代小説でしょう。しかも文庫本の。
単行本や全集物は一部の金持ち(?)のステータス誇示用が主流か?単行本でもハードカバーは殆ど売れず、ベストセラーに名を連ねるのは殆どがソフトカバー本です。
しかも、現在ではネット社会の発達で、価値観の変化スピードはどんどん加速している状態です。
過去の業績を生かしたいのであれば、大半が埋もれてしまうであろう延長よりも、むしろ短縮する方向が正解のような気がするのですがねえ・・・
海外の主流に合わせるのではなく、海外の主流に短縮をはたらきかけるべきではないかなぁ・・・

まぁ、あまり縁のない一読者の暴論として読み飛ばしておいてください。


| YAS0629 | 23:05 | comments (0) | trackback (0) | 雑記 |
コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL
http://www.yassite.jp/PB/blogq/tb.php/352
トラックバック