CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<  2006 - 04  >>
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
NEW ENTRIES
COMMENTS
    思い出のメロディー
  • ふゅぅ >08.14
TRACBACKS
Search Box
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.153026秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット


容器包装リサイクル法
う゛~む、どうも最近のペースは週記どころか、月記になりつつあるなぁ・・・・・これじゃいかん!

で、タイトルの容器包装リサイクル法ですが、その改正案が国会に提出されたそうで・・・
趣旨はテレビや新聞などで何度も取り上げられているので省略しますが、どうも対応が中途半端な気がしてならないので、気になるところを述べてみます。
まず、レジ袋の有料化は個人的には大賛成で、むしろ対応が遅すぎるくらいだと思いますので置いておいて。

分別の不十分なゴミや汚れの落とされていないプラ容器は、自治体側で収集を拒否できるという点について。
プラスチックゴミのなかに、紙類や食品くずなどを混入させているのは、まず論外だと思うので収集拒否は、まあ当然でしょう。
しかし、私の近所のゴミ集積場所でもちょくちょく見かけます。
この件に関しては後述します。

汚れの落とされていないプラ容器について。
これはかなり難しい問題を含んでいると思います。
私は基本的にはきちんと洗って出すようにしていますが、チューブ類など、完全な洗浄が困難な容器に関しては市の指導通り可燃ゴミに出すようにしています。
しかし、プラスチックの分別をするようになった理由の一つに、焼却時のダイオキシン対策があったはずですので、老朽化した焼却炉を持つ自治体では問題になります。
また、我が家では可燃ゴミよりもプラスティック類の方が圧倒的に多いので、容器を洗ったのはいいですが乾かす場所に困ってしまうことも多々あります。
また、複合材料の包装材、たとえば樹脂コーティングの紙や樹脂と紙を貼り合わせた袋などの処分は迷ってしまいます。
ほぼ同じPP-紙複合材にもかかわらず、ある商品の袋には「紙類」、別の商品の袋には「プラ」の表示がなされている物もあります。
スーパーなどで貼り付けているバーコードや商品名の紙シールは、市のマニュアルでははがして出すように書いてありますが、完全にはがそうとするとえらく時間がかかってしまいます。ラップ類に張られたシールは実質的にはがすのは不可能です。
私としては、一応表示に従って出すようにしていますが、後者に関しては申し訳ないですがシール付きのままプラ容器として出してしまいます。
このようなグレーゾーンの扱いがまだ明確ではないですね。
我が町のゴミだしマニュアルは結構わかりやすくできてはいるのですが、それでも必ず月に何回かは分別不十分なゴミや完全にルール違反のゴミが出されているのが現実です。

きれいに分別された容器類は再生できるのでしょうが、不純物が混入しているもにはどうなんでしょうかねぇ・・・・・
やはり、基本的には人の注意力にたよる、今のような分別収集にはどうしても限界があると思います。
ですから、まあ、近未来的には分別を周知徹底して収集コストを下げるように努力するのは致し方ないとおもいますが、遠い将来的には、消費者側が分別しなくても収集後に自動的に分別もしくは混合のまま原材料や別製品に再生できるようにするのが理想であると思うのですが・・・・
そのような研究に取り組んでいるところはあるのでしょうかねぇ・・・・・
もし実現すれば先に書いたルール違反のゴミなど問題にならなくなるのですが、まぁ私の生きているうちには実現不可能かな?

| YAS0629 | 21:55 | comments (0) | trackback (0) | 雑記 |