CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28    
<<  2007 - 02  >>
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
NEW ENTRIES
COMMENTS
    思い出のメロディー
  • ふゅぅ >08.14
TRACBACKS
Search Box
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.169545秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット


SACD
今日の天気は晴れのち曇り太陽雲

MJ無線と実験誌の3月号に掲載のSACDの特集を読みまして・・・つれづれに思った事などを・・・
ハイクォリティーメディアとしてはDVD-Audioもあるわけですが、SACDの優位性も含めて良く理解できました。
結構勘違いしていた点などもあって有用な特集であったと思うのですが・・・・
しかし、レコード→CDへの移行や、LD→DVDへの移行に比べてCD→SACDへの移行がほとんど進んでいないといっても良いのはなぜか?
原因の大きな部分を占めているのは、実は日本の住宅事情にあるのではないかと思い至りました。
我が家を含めて、日本の大多数の家庭では高性能なスピーカーシステムを忠実度の高いハイクォリティーなアンプで、しかもある程度の音量を出してリスニングできる環境にはほど遠いと思わざるを得ません。
我が家の自作AMPの最大出力は50W+50Wですが、リスニング時パワーの平均はせいぜい2W+2W程度です。
しかも、通常は6L6GCシングルのアンプで聴くことの方が多いので最大出力でも6W+6Wしかありません。
それでも、ボリュームを上げて聴いていると近所の家からうるさいと苦情が来てしまいます。
まぁ、アンプやスピーカーシステムは何とかなってもこれではSACDのメリットは全くと言っていいほど生かせませんね。
完全防音設備の整ったリスニングルームでゆったりとくつろぎながらSACDソースの音楽を聴く・・・なんて事は理想のそのまた上の話です!
もう一つ考えられる理由として、世の中からSACDほどの高音質は求められていない・・・・もしくは、SACDをメディアに選ぶほどの高音質の演奏が少ないということが考えられますね。
現在のCDの売り上げの大多数を占めているのは、いわゆるJ-POPと呼ばれている分野の音楽です。
しかし、これらのCDの演奏の多くはプログラミングされた人工演奏・・・・いわゆる打ち込みで占められていまして、そうでない場合でもほとんどは電気楽器(エレキギター、エレキベース、シンセサイザーなど)が使われており、アコースティックな演奏だけで構成されている演奏にはめったにお目にかかりません。
しかも、実際に私が訊いた範囲でも、ネットからダウンロードした曲程度の音質(多くはMP3などの非可逆圧縮された音源)でも十分高音質だと思っている人が大多数ですから!!
一部のクラシックやジャズなどを除くと、SACD化するメリットが全く見いだされないわけですね。

でも、やっぱりSACDプレーヤーは欲しいなにぱっチョキ

| YAS0629 | 23:11 | comments (0) | trackback (0) | 雑記 |
サーバーまたもやフリーズ
今日の天気は晴れ太陽

サーバーが未明の4時過ぎからお昼頃までフリーズしてアクセスできない状態になっておりました。
申し訳ありませんでした。汗
どうもCentosと現CPUとの相性は最悪のようです。
ということで、CPUをPentium4に戻そうかと・・・・

スピードはちょい遅くなりますが、元の1.6GHzPentium4のマシンに戻したいと思います。
幸い予備機として置いてあったので、アクセスの少ない月曜の午後に移行する予定です。

ということで、19日(月)の13:00~17:00はサーバー停止致しますのでご了承のほどを!

| YAS0629 | 23:20 | comments (0) | trackback (0) | OS・ソフトウェア |
先日のかやくうどん
今日の天気は晴れ太陽

先日・・・・1月30日に書いたかやくうどんですが、写真がなかったので、きょう改めて立ち寄ったので撮ってきました。


駅の立ち食いとは具が全然違いますね。
こっちの方はとろろ昆布が入っているのですが・・・・揚げ玉はただのかけうどんを注文しても、カウンターのところで自分で勝手に入れられるのでねぇ・・・・
評価はプラスマイナスゼロかな?

そういえば、今朝の朝食もうどん・・・・きつねうどん・・・・でした。
1日2食がうどんの日が最近は結構多い気がする。
明日の昼は久しぶりにラーメンにするかな!

| YAS0629 | 23:08 | comments (0) | trackback (0) | 食物・食事 |
ビデオデッキ内蔵の時計
今日の天気は曇り雲

以前からちと疑問に思っていたことを、きょうたまたまDVDラベル用紙を買いに立ち寄った電気店で訊いてみましたが・・・
おそらく、今販売されているビデオレコーダー(テープ、DVD、HDDすべて)は内蔵している時計の誤差調整としてアナログ地上波NHK教育放送の特定の時間の時報を元に自動校正していると思います。
これが、地上波アナログ放送が終了した後にはどうなるのか・・・・・?
自動校正しないとあたりまえのように1日に2~3秒ずれるものもあるので気になって!
デジタル放送(地上波、衛星波ともに)は内蔵しているMPEGデコーダーの遅延が結構大きいので、正確な時刻あわせには向いていないと思われるし、仮にそうしたらアナログ放送録画の時に頭切れを起こしてしまいそうだし・・・・?
超長波JJYなどを元にする電波時計などと同じにするか・・・・これもデコーダーの遅延分はどうする?尻切れになる?
などと考えていたのですが・・・
店員さんに訊いてみると、たまたまメーカーの方がみえていたとかで早速訊いて頂きました。
それによると、まだはっきりは決まっていないようなのですが、地上波デジタルのNHK教育放送が基準になりそうだとのこと。
現時点ではまだ対応しているハードは無さそうですが、デコーダーの遅延に関しては、タイマー録画機能の立ち上がり時間を若干前倒しし、終了時間も余裕を持ってオフにすることにより対応。
地上波アナログ終了後はアナログ放送録画は必要なくなるのでデジタル波同期で問題なくなるし、立ち上がり/終了時間の誤差も余裕時間で充分対応できるとのことでした。
まあ、実時間との表示差はあっても1秒程度であるし誤差が拡大し続けるわけでもないから放っておいても問題ないか・・・
ただ、現在持っているレコーダーはアナログ放送終了後は自動校正できなくなるわけで、そうすると、やっぱりレコーダーも買い換えてやらなきゃだめって事ですよねぇ!
ハイビジョンレコーダーは魅力だけど、新しい時刻校正が取り入れられるまではお預けが正解かぁ!


| YAS0629 | 23:06 | comments (0) | trackback (0) | 雑記 |
WindowsVista発売から1週間
今日の天気は晴れ太陽

先月30日にWindowsVistaが発売開始されて1週間が経ちました。
市内の電気量販店のPC売り場などをみると、Vistaプリインストール製品を前面に出してセールを展開しているようですが・・・・・
一般の人の関心はいまいちのようですね。
まず、新機能として謳っている内容がよく分かっていない。
初めてPCを購入する一般人は、まず何を目的にするか・・・・?・・・・というと、大体はWeb閲覧とe-mailが第一。
次いでワープロから表計算・・・・・かな?
そんな人にとってVistaでなければならない決定的な理由は見あたらない。
セキュリティーの問題さえ無ければWindowsMeでもなんら問題なく使えると思われる。
一方、既にPCを持っている人も、多くのユーザーは現状のソフトで上記機能はほとんど実現していると思われ、これもVistaにする積極的理由はない。

上級ユーザーの一部は新しもの好きなマニアも含めてVistaの導入に躊躇は無いでしょう。
しかし、一部ソフトのメールマガジンによると、旧バージョンでは結構不具合がある模様ですし、新機能を堪能しようとするとメモリーの増設やディスプレーアダプタのアップグレードも必要になりそうです。
また、新機能を使っての利便性といったたぐいの話はまだ多くは聞こえてきていません。

というわけで、本当に新しくPCを購入する人以外は、私を含めて、模様眺めと言うところでしょうか?

それよりもLinuxの使い勝手の向上の方が期待できそうな・・・

| YAS0629 | 23:47 | comments (0) | trackback (0) | OS・ソフトウェア |