CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<  2008 - 05  >>
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
NEW ENTRIES
COMMENTS
    思い出のメロディー
  • ふゅぅ >08.14
TRACBACKS
Search Box
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.172476秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット


地震
きょうの天気は晴れ

昨日の中国四川省を中心とするM7.8の地震ですが、現地からの情報、特に映像が徐々に報道されるようになると、被害の大きさに驚かされます。
西日本に住んでいると、それでなくとも地震が少ないので忘れがちになりますが、火山列島の日本に住んでいる限り大地震はいつか来るものと思わなければいけないんですよねぇ!
まあ、日本列島が沈没するような大変動は1万年単位の話ですから、云々しても仕方がないことなのですが、阪神淡路大地震クラスの地震は常に覚悟して準備しておかなければ・・・・
とはいっても、我が家は崖崩れ等の危険地区に住んでおり、簡単に引っ越す訳にもいかないので、非常持ち出しの準備を常に備えておくことくらいですが。
しかし、延長200km幅40kmの地滑りとは、想像を絶する規模だったんですね。改めて驚きです。


| YAS0629 | 22:47 | comments (0) | trackback (0) | 雑記 |
長門三十三観音霊場&山口県十八不動三十六童子霊場
きょうの天気は晴れ

昼食後、天気も良いので出かけることに。
最初に行ったのは、先日も訪問した正法寺、長門三十三観音霊場22番札所。


きょうはちゃんと御朱印を頂けました。
代金を支払おうとすると炒らないとおっしゃいましたが、草取り作業の最中に声をかけてわざわざ書いて頂いたので、まあお布施代わりと言って300円置いてまいりました。

次は菊川の千寿院、山口県十八不動三十六童子霊場4番札所。
予めネット検索地図で見当を付けていたので、下関市役所の支所の先の路地を入ってしばらく行くとすぐにわかりました。


かつてはちゃんとした本堂や庫裡があったと思われる敷地の入口右側に小さな不動堂がありました。
御朱印は下松の鷲頭寺で受けてくださいと書いてありましたが・・・・・確かに十八不動の最後十八番札所ではありますが、下松ですからねぇ・・・いつになるやら。

さて、お次は俵山の能満寺、山口県十八不動三十六童子霊場第6番札所。
ここは温泉街の俵山からはちょっとはずれていますが、仙崎に向かう県道34号線から良く見える、というか、よく目立つので以前から知っていたのですが、今回初参詣。


やっぱり全体が赤く塗ってあるので目立ちます。
近くまで車で行けるのですが、駐車スペースが無い!
しばらくうろうろしたあげく、お寺の車庫の前にとりあえず停めさせてもらうことに。途中で出入りがありませんように・・・・!
本堂から不動堂まで一通り参拝したあと庫裡を訪ねると・・・・・ご住職が出かけていて御朱印はだめとのこと。
書き置いた物があったかどうか捜して頂きましたが、これもわからずで、仕方がないので、ここは出直すことに。

次はちょっと離れて・・・・といっても同じ長門市内なんですが、元の油谷町へ。
目指すは長安寺、長門三十三観音霊場31番札所。
人丸の市街地に入って、お寺の前に出る道がわからず、しばらくはグルグルとまわるはめに。
結局正面からはいる道は狭く、普通車ではきついのですぐ裏手にある神社の駐車場に停めることに。


山門脇の寺号石標は安倍元総理大臣が現役時代に書いた筆跡で彫られておりました。元首相の筆跡は初めて見た気がします。
さて、山門をくぐってすぐ左に観音堂。右手に大きな観音様の石像。正面に本堂がありまして、各お参りした後庫裡を訪ねて御朱印を依頼。
すると、仕上がるまでの間にと、ご住職の奥さんがわざわざ観音堂の扉の鍵をあけて中を見せてくださいました。
そのあと本堂にあがってご住職の話を伺う。
お話では正規の十一面観音は外の観音堂には無く、本堂に安置されているとのことで、早速は意見させて頂きました。
本堂正面は御本尊の阿弥陀様ですが、右側の余間正面に20cm余りの大きさの観音様を拝ませて頂きました。
観音堂に安置されている観音像も本堂の観音像もともにこの地区では屈指の古さを誇る像とのことでした。
そのあとはご住職と田舎のお寺の運営の大変さなどについてお話を伺いお暇を。

駐車場に戻る途中で、八幡人丸神社の参詣も済ませることにしました。


残念ながら授与所や社務所は閉ざされており、御朱印は頂けませんでしたが、境内は古典樹苑となっており、万葉集や古歌、古文に出てくる草木を中心に多くの植物が栽培されています。
草木それぞれに解説の札や看板が付けられており非常にわかりやすくなっています。

最後は下関に戻って海翁寺、長門三十三観音29番札所。


先般、無住の清水寺の場所などを電話で問い合わせた時のお礼と、御朱印をいただくことを目的に2回目の訪問です。
もう夕方になってしまいましたが気軽に応じて頂き、しかも御朱印代は200円とのこと!

本当はもう一ヶ所寄る予定でしたが、時間も17時過ぎてしまったのでここらで断念。
帰路につくことに。

| YAS0629 | 23:49 | comments (0) | trackback (0) | 旅行&神社仏閣 |
ディップメータ完成!
きょうの天気は曇り

一昨日の日記に書いたディップメータですが、壊れたのはコイルのソケットだけでしたが、プラグインコイルのソケットが入手できるのかわからなかったので、とりあえず市内の部品店を覗いたところ、汎用のプラグ&ソケットのソケットが同寸であることを発見。
コイルは従来の物をそのまま流用できる!
最も苦労しそうなところが一気に解決したので、この際バリコンとダイアル機構もそのまま流用することに。
回路はFET1石のタイプはディップが浅くて測定しづらいので、適当なものがないかと色々検索したところ、かつてハムジャーナルでディップメータの特集をしていることがわかり、その1992年のNo.79号を引っ張り出してきました。
記事に出ている製作例の回路をちょっといじってやれば手持ちの部品で何とかなりそうなので、早速製作開始。
と、昨日は基板を作ってはんだ付けしたところで眠くなってしまい、そこまででストップ。

本日は帰宅してから、まずやっかいなケースの加工から始め、2時間半ほどで完成致しました。
とりあえず元のダイアル目盛をそのまま取り付けて、TS690で発信周波数をチェックしたところ、一部1MHzばかりずれているところもありますが、まあ誤差の内で元のダイアルもそのまま使える事が判明。
ということで、無事完成と言うことになりました。

本日はここまでで終わり。
他の簡易測定器(NFメータとか2トーンジェネレータなど)も先に作ってみたくなってしまいました!



| YAS0629 | 21:15 | comments (0) | trackback (0) | その他自作 |
ディップメーター
きょうの天気は晴れ太陽

先般基板を作成してはんだ付けまで終了したSSBジェネレーターの調整をすべく、ディップメーターを取り出してきたのですが・・・・
なぜか発振しない!
これは今から35年くらい前に作ったFET一石の簡単ではあるが結構実用的だったものなのですが。
どうやらコイルのソケットがうまく接触していない接触不良のようで・・・・と、コイルを抜き差ししていたら、なにやら金属片がぽろりと落ちてきて・・・・
ソケットが完全にこわれた!

というわけで、この際新しいディップメーターを作ることにします。
ダイヤルの校正はトランシーバーがジェネカバなので、悩むことなし。
昔作った時には結構この校正に悩んだ記憶がありますが、便利になったもんだ。

| YAS0629 | 22:31 | comments (0) | trackback (0) | その他自作 |
美祢市の神社4社
きょうの天気は晴れのち曇り

天気が良ければ六連島にでも行こうかと思っていたのですが、どうも痛めている足の具合がよろしくないので、あれこれ考えたあげく階段の上り下りが少ない所で美祢市の神社を廻ってみることに決定。
昼食後の13時過ぎ、もうお祭も終わったしと高をくくって国道に出たのが運の尽き。
海響館やカモンワーフ、赤間神宮への車で大渋滞。
通常なら15分で通過するところを1時間以上かかってしまいました。

最初に立ち寄ったのは旧豊浦郡でもある豊田前町。ここの麻生八幡宮へ。
県道と並行する長~い参道があるのですが、その参道と県道の間が広い駐車場になっておりました。


ここは無人の神社ではないのですが、人っ子一人見当たらず、写真を撮ったらさっさと次へ。

お次は美祢市街地にある八幡磨能峰宮・・・・通称下領八幡宮へ。
美祢駅前を通り、線路を渡ってしばらく行くと右手に鳥居が見えてきます。
鳥居をくぐると参道は左側に直角に曲がって・・・・要は市道と並行しており、左手社務所の奥に広い駐車場がありました。


ここも人らしき影はまったく見当たらず。
社務所も厚いカーテンがかかったままでしたから、写真を撮って即次へ。

八幡磨能峰宮からほんのひとっ走りで右手に大鳥居が出現。
目的の上領八幡宮です。
参道は結構な長さがあり、ここも神社のすぐ側まで車で入れます。


ここでは近所のおかあさんが小さな子供を連れて散歩されていましたが、やっぱり他の参拝客はありません。
社務所も閉まっており、ここも写真を撮ったら早々と退散。

次はちょっと離れて、美祢西インター近くの神功皇后神社。
同名の神社は下関豊北町にもありますが、此処は長府の忌宮神社から勧請したもの。
大鳥居は県道からもよく目立っており、迷う心配はまったくありません。
駐車場は右手をまわったところにあり、拝殿前に直接出られます。


本日訪問した神社の中で唯一無人の社ではありますが、境内はきれいに清掃されており、というか、きょうまわった中では一番きれいでした。
ここまでで午後3時半を過ぎており、空模様も怪しくなってきたので帰宅することに。
ちょっと中途半端な一日でした。

| YAS0629 | 22:09 | comments (0) | trackback (0) | 旅行&神社仏閣 |